FC2ブログ

ツタンカーメン展!!

 12,2013 18:58
こんにちは  ex竹内です

先日のブログに続き、今度は私の先日行って来ましたツタンカーメン展の興奮をアップしたいと思います

お正月明けて間もなく、現在東京上野の森美術館にて10月から開催されていますツタンカーメン展に行って来ました。

つ1  つ3

大反響により1月20日まで延長になり、去年は年末バタバタして行きたくても行けなかったので、
いよいよ行かなきゃ後悔するっと思い、ネットで調べそのままチケット購入し、バスを予約し、ホテルを予約しました

いつもの私なら、行きたいなぁ~と思いながら、即行動に移せないのですが、今年はやりたい!見たい!行ってみたい!
と思ったらやってみようという目標を立てたので早速実行です

連日混雑が予想されていたので、整理券が配られて時間まで待機かな~と予想していましたが、
時間のせいか整理券が出るまではいかなかったです

・・・が、それでも50分待ち

チケット前もって買っておいて良かった~

つ4

しかも月曜日&火曜日東京寒かったです。。
でも、もうすぐ素晴らしい物を目に出来るかと思ったら、ワクワクして50分なんて全く気になりませんでした
それにしても行列が全く途絶える事無く、更に増える一方で・・・
本当に大反響なんだ!!と行ってみて実感しました

つ9
中の全ての写真が撮れないので、展示品104点の中の、パンフレットに載っているほんの一部だけですが・・・

有翼スカラベ付き胸飾り&象嵌細工の黄金の襟飾りとおもり
とにかく、3300年前の技術とは思えないほど美しかったです
胸飾りは男性の手の平サイズ位の物ですが、よ~く見て初めていろいろな意味の飾りが付いている事が確認できました。
真ん中にガラス製のコガネムシのような物が居て、そこから左右に翼があり、その上に2匹のコブラが居て、
太陽を掲げています。その中には人が3人・・・太陽の下には全てを見ているが・・・

1つ1つに解説があり、見て読んで初めて意味がある作りになっているのだと納得しました。

襟飾りはツタンカーメン王が、考古学者に発見されるまで身に付けていた飾りの一部です。
何とも言えないキレイさです
全ての装飾品と言ってもいい程、金&銀&トルコ石や象牙が使用されていて、その技術に圧倒させられてしまいました

ツタンカーメンの黄金のマスクは以前ドイツの統一の式典に貸し出された際に破損があったらしく、
それからエジプト国外へ門外不出になってしまったそうで、残念ながらありません

ですが、ツタンカーメンの内臓が長い間保管されていた黄金のカノポス(チラシの写真)や
ツタンカーメンの立像、その当時王が使っていた身の回りの全てが飾られていました。

厳重にケースに飾られていて、リュックなども当たらないよう前に持ち替えて入るようチェックが入りました。

ケースに当たると振動でセンサーが働くようになっていて、混雑の中みんなマナーを守っていたので、
問題はなくスムーズでした。

約1時間から2時間かけてじっくり周って見ました


これは、興味の無い方はつまらないかも知れません

私は遺跡など、とてもとても興味があり、考古学などに関するTVなど予約して見てしまいます

なので、見ている間とてもワクワクしました

見ている物が、ずっとず~っと遠い昔に、誰かによって使われていた物なんだと考えると・・・
スゴク神秘的です

興奮冷めやらぬまま出口を出ると、そこにはお土産&関連グッズショップが・・・
つ5


みんな、そのまま流れ込むようにショップへ~


いろいろな物が置いてありました!

私は香水を入れるガラスの小瓶を購入
すっごく素敵なカラーで、部屋にインテリアとして飾っても素敵です

つ2   つ6


本当に素晴らしい展覧会でした

近くに国立科学博物館などもあり、今回はちょうど休館日で見れなかったのですが、近いうち絶対行って来たいと思っています

今年は、いろいろ美術館や博物館を見に行きたいと思っています。
沢山、良い物を見て、自分を高めたいです!!

20日で終わってしまうツタンカーメン展、ぜひオススメです


今回で日本に来るのは最後と言われていますので、興味ある方は行って見て来て下さいね


かなり興奮して帰って来たので、お客様にもこの感想をお話しましたら、行って来る!という方や、
行って見たい!8月までやっていた大阪での展覧会に行った!という方など結構興味持ってる方多いです

長くなってしまいましたが、今年最初のやってみたい事を実現させたので、
この調子で今年も頑張ります(^^♪


ex 竹内でした
スポンサーサイト



Comment 0

Latest Posts